選び方、着こなし方のコツ|オーダーシャツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

[営業時間] 10:00~19:00(東京・大阪11:00~20:00)完全予約制
[定休日] 東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

採寸の
ご予約は
[東京・横浜ショップ] 050- 5807- 3822
[大阪ショップ]    050- 5807- 3294
ご予約フォーム

オーダーシャツ ヒルズメンズ倶楽部TOP > お役立ちコンテンツ > オーダーシャツについて シャツの選び方、着こなし方のコツ

オーダーシャツについて

シャツの選び方、着こなし方のちょっとしたコツ

シャツを着こなすためのコツは意外と単純なものなのに、それを知らないがゆえに残念な装い方をしてしまっている人は少なくありません。また、元々シャツが欧米のものであるせいか、日本独人の、あるいは自己流の着方をしてしまい、理想的な着こなしが出来ていない方も多いようです。
東京と大阪にあるオーダーシャツショップの「ヒルズメンズ倶楽部」が提案する、シャツの選び方また着方の基本的なポイントについてご紹介しましょう。

サイズこそが最も重要です

シャツの選び方、着こなし方のちょっとしたコツ

失敗しないシャツの着こなしの最も大切なポイントはサイズです。そして適正なサイズのシャツを選ぶためには、丈の長さとスソの形に気を配る必要があります。
例えば、丈が長くスソが半円状になったシャツはパンツ(ズボン)の中に入れて着ることを前提としているため、パンツの外に出して着るとだらしなく見えてしまいます。つまり、パンツの中に入れて着たいか(主にビジネスシーン)、それとも外に出したいか(主にカジュアルシーン)によって選ぶべきシャツの丈の長さと裾の形はおのずと決まってくるわけです。なお、カジュアルな着こなしでジャケットを着る際には、ジャケットの裾から下のシャツの裾がはみ出ることのないように気を付けましょう。

サイズこそが最も重要です

一般にシャツの生地は伸縮性の小さいものが多く、Tシャツやポロシャツに比べると少々窮屈に感じることでしょう。
そのため、もし試着をしたとしても、つい体を締め付けない、大きめのものを購入しがちになってしまいます。でも実は、これがシャツ選びのよくある落とし穴。
大きめのシャツは当然身体に対して余りがちになりブカブカに見えてしまったり、余った生地がクシャッとなってしまったり、またそれがシワの原因にもなってしまうなど、良いことはひとつもありません。そこで試着をする際にチェックしたいのは、胸回りとお腹周りの生地が大幅に余らず、腕を動かしてもつっぱり感がないかどうか。
適正なサイズは自分が考えているよりも細い場合が多いため、もしふだん着ているシャツにサイズの余裕を感じたら、思い切ってワンサイズ下を試してみるとよいでしょう。またメーカーによってもサイズ感は違うため、あらかじめジャストサイズのシャツの胸回りとお腹周りを測っておいて、シャツ選びの参考にすると便利です。

夏はシャツ下の肌着に気を付けて

夏はシャツ下の肌着に気を付けて

ワイシャツとはもともとジャケットの下に着る肌着として始まりました。そのため、本来であればワイシャツの下に肌着(Tシャツ)を着る必要はありません。
しかし、欧米とは違って日本の夏は高温多湿です。汗をかいた肌がワイシャツの生地にはりつくと自分自身が不快ですし、見る人にとっても気持ちの良いものではありません。そこで、日本ではワイシャツの下に肌着を着るという習慣が生まれ、定着するに至りました。
そこで注意したいのが、クールビズのシャツスタイルでの肌着の扱いです。ノーネクタイでワイシャツのボタンをひとつ外した際、もし丸首の肌着を着ていると相手からその丸いえりが丸見えになってしまい、やぼったい、また、だらしない印象を与えてしまいます。それを避けるため、夏場はVネックの肌着をワイシャツの下に着るようにするとよいでしょう。

ボタンダウンシャツの間違った着こなし

最近では、ビジネスマンがボタンダウンシャツを着る機会が多くなっています。
ボタンダウンシャツとは、シャツのえりの先をボタンで留め、固定出来るシャツのこと。ただ、そもそもボタンダウンシャツはカジュアル用スタイル用のシャツであり、ネクタイはつけずに着用し、ビジネス向けのものでもありません。当然、冠婚葬祭などフォーマルな場での着用はご法度です。あくまで夏場のクールビズに向いた、オフィスカジュアルスタイル用のシャツであると心得ましょう。

胸ポケットにも注意しましょう

胸ポケットも日本のワイシャツの特徴のひとつですが、このポケットの中にペンやカードケース、携帯電話などを入れ過ぎてしまってはいませんか。
本人にとっては便利でも、ポケットへのつめこみ過ぎはシャツの本来の形を崩してしまうこともあり、見た目によいものでもありません。また、ペンのインクがシャツにシミを作ってしまったり、ペン先が穴をあけてしまったりすることもよくあるケース。それを避けるためにシャツの胸ポケットにものをいれるのは出来るだけ避けるとよいでしょう。

スタッフブログ
2017/06/23
カリビアンコットン★
2017/06/16
麻100%の生地
2017/06/09
個性的な仕上がりのオーダーシャツ
2017/06/02
冷却グッズとオーダーシャツ
2017/05/26
もうすぐ梅雨…オーダーシャツで快適に

お役立ちコンテンツ

店舗情報

【ヒルズメンズ東京】

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-4-20
MTエステートビル4F
[TEL] 050- 5807- 3822

【ヒルズメンズ大阪】

〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目1-3
大阪駅前第3ビル2F
[TEL] 050- 5807- 3294

【ヒルズメンズ横浜】

〒231-0045
横浜市中区伊勢佐木町5-127
[TEL] 050- 5807- 3822

[営業時間]
10:00~19:00(東京・大阪11:00~20:00)完全予約制
[定休日]
東京:月・火 横浜:水・木 大阪:月・火
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

このページのトップへ