よくある困ったQ&A オーダーシャツは東京駅、大阪駅各3分のヒルズメンズ倶楽部

[営業時間] 11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)完全予約制
[定休日] 東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

採寸の
ご予約は
[東京・横浜ショップ] 050- 5807- 3822
[大阪ショップ]    050- 5807- 3294
ご予約フォーム

オーダーシャツ ヒルズメンズ倶楽部TOP > お役立ちコンテンツ > お手入れについて よくある困ったQ&A

オーダーシャツのお手入れについて

よくある困ったQ&A

一着ごとにこだわりをもって作る「オーダーシャツ」。
お気に入りのシャツは丁寧にお手入れして出来るだけ長く着ていきたいものですね。そんな皆さんの想いを叶えるべく、ここではシャツのお手入れについてのよくある疑問や質問に、東京・大阪・横浜のオーダーシャツ専門店「ヒルズメンズ倶楽部」がQ&Aの形式でお答えしましょう。

シャツの襟元に黄ばみはどうしたら落ちる?

Q1

シャツの襟元に黄ばみが出てしまいました。どうしたらよいのでしょうか?

A1

衣類の部分洗い用洗剤を襟元に付け、歯ブラシで黄ばみを取りましょう。

解説

日常的にこまめに洗濯をしていてもつい残りがちになってしまうものが、首回りの黄ばみや汗ジミです。汚れの気になるそれらの箇所には部分洗い用の洗剤を十分に塗り、重点的に歯ブラシで擦りましょう。汚れが徐々に薄くなってきたらネットに入れすぐに洗濯機へ。この作業は洗濯機を回す直前に行うと効果抜群です。

シャツを洗濯機で洗っても大丈夫?

シャツを洗濯機で洗っても大丈夫? Q1

シャツを直接、洗濯機に入れてもよいのでしょうか?

A1

洗濯機で洗うことに問題はありませんが、必ずネットに入れて下さい。

解説

ネットに入れると洗いジワを軽減出来、ボタンなどの繊細なパーツが取れることも防げます。その手順は次の通り。
1.フロントボタンを2〜3ヶ所留め全体を裏返します。こうすればボタンの破損を防げます。襟は立て、カフスのボタンは外しましょう。
2.次に最も汚れやすい襟元と袖口が外側になるように折りたたみましょう。ポイントはネットとほぼ同じ大きさになるようたたむこと。それをそのままネットに入れて洗濯機に投入すればOKです。

シャツのアイロンがけのポイント

シャツのアイロンがけのポイント Q1

シャツのアイロンがけのポイントが今ひとつよく分かりません。

A1

目立つところを中心に行うだけでOKです。

解説

毎日のアイロンがけは手間ですが、クリーニング店に出しノリでパリパリになったシャツもあまり格好の良いものとはいえません。
自宅でアイロンをかける場合、その順番は1.カフス(内側の端にアイロンを当て巻き上げながら自然な丸みを付けましょう。アイロンを小刻みに動かしながら、横へスライドする要領です)、2.袖(袖山にシワはつけなくてOK。肩に向け均一にシワを伸ばして下さい)、3.襟(襟の端から中央に向かってアイロンを滑らせましょう。片方の手でもう一方の端を引っ張りながらかけると簡単です。もう一方の端も同様にします)、4.後ろ身頃(左右半分に分けて裾から襟にかけ一気にアイロンを滑らせます。それほど目立つ部分ではありませんのでスピーディーに行いましょう)、5.前身頃(ボタンのない左前身頃は表からしっかりと。ボタン付きの右前身頃は裏からかけると楽でしょう)です。

シャツのたたみ方

Q1

シャツの最もシンプルな畳み方を教えて下さい。

A1

まず身頃の幅(基本線)をしっかり決めてから、袖、裾の順で畳むのがセオリーです。

解説

仕上がりのサイズを想定し、胸のボタンが並んだ線を中心としてその左右にシャツを折り畳んでいく基本線(平行線2本)を決めましょう。次にシャツを裏返しにし、その基本線に沿って身頃を折り畳みます。左右の袖はそれぞれ反対側の仕上がり幅に収まるように丁寧に、バランスよく折り畳みましょう。続いて裾は一度折り上げてからその折り線がシャツの肩部分(ヨーク部分)に重なるように畳み、形崩れに気を付けながら裏返せば完成です。

アイロンがけしたシャツのしまい方

Q1

アイロンがけを終えたシャツはどのようにしまえばよいのでしょうか。

A1

襟の立体感を潰さないようにして保管場所へ。

解説

プレス後のシャツをきちんと収納しておけば、次に着る時までにきれいな状態のまま維持出来ます。この時に絶対に守りたいのが、襟を潰さないことと。ハンガーに吊るす場合には他のシャツの襟同士がくっつかないように適度なゆとりをもってクローゼットに収めましょう。1本のハンガーに何枚もシャツを重ねるのはもっての他です。また畳んでしまう場合には、シャツの襟の向きが交互に(互い違いに)なるように重ねること。その際は崩れや余分な重さがかかるのを防ぐため、重ねる枚数は3枚程度までにとどめましょう。
最後にビニール製のカバーは湿気がこもりやすくなりカビ発生の原因になります。必ず外して、どうしてもカバーが必要なら不織布のものを使うのがおすすめです。

ネクタイのしまい方

ネクタイのしまい方 Q1

シャツのお供である「ネクタイ」のおすすめのしまい方を教えて下さい。

A1

丸めて立てて置くとよいでしょう。

解説

ネクタイは一日使ったらすぐにはしまわず、一晩は干して湿気を抜きましょう。
くるくると丸めて引き出しなどに立てて収納するのがベスト。こうすると型崩れの心配がなく、しかも見やすいので朝、ネクタイを選ぶ時も手間取りません。
ちなみにニットやウールタイはスーツ同様にブラッシングでホコリや汚れを落とせます。
※ただし、シルクタイの場合毛羽立ちの原因になるのでご法度です。

スタッフブログ
2017/12/08
クリスマス🎄お仕立券
2017/12/01
新着生地入荷♬
2017/11/24
🎄クリスマスプレゼント
2017/11/17
ビジネスカジュアル「ビジカジ」
2017/11/10
クリスマスプレゼントはオーダーシャツお仕立券★

お役立ちコンテンツ

店舗情報

【ヒルズメンズ東京】

〒103-0028
東京都中央区八重洲1-4-20
MTエステートビル4F
[TEL] 050- 5807- 3822

【ヒルズメンズ大阪】

〒530-0001
大阪市北区梅田1丁目1-3
大阪駅前第3ビル2F
[TEL] 050- 5807- 3294

【ヒルズメンズ横浜】

〒231-0045
横浜市中区伊勢佐木町5-127
[TEL] 050- 5807- 3822

[営業時間]
11:00~19:30(横浜 11:00~19:00)完全予約制
[定休日]
東京:月・火 横浜:木 大阪:月・火
※横浜ショップへのご予約は平日のみとなります。詳しくはお問い合わせ下さい。

このページのトップへ