東京駅徒歩3分 大阪駅徒歩5分 貴方だけのお仕立てスーツはヒルズメンズ倶楽部へ

HOMEお役立ちコンテンツお手入れについて > スーツとシャツのたたみ方

スーツとシャツのたたみ方

スーツとシャツのたたみ方

出張や旅行などでスーツを持ち歩きたい場合や、飲食店などにハンガーがなかった場合にも、知っておくと便利です。

スーツの、シワになりにくいたたみ方

スーツを持ち運ぶ際は、購入した時に付いてきたスーツ専用バッグ(ガーメントバッグ)を使用するのが一般的ですが、どうしても手荷物を少なくしたい場合もあります。そんなとき、たたみ方を知っていればバッグに入れてしまうこともできます。

◆ジャケットのたたみ方

1)ジャケットの衿を立て、両方の肩部分にそれぞれ手を入れて前身頃が外側になるようにして縦に二つ折りにします。

2)肩部分に手を入れたまま、どちらか片方の肩部分をジャケット越しにつまみ、空いた方の手でジャケット全体を裏返すようにして肩部分を内側へ。 ジャケットの裏地が表側にきて、片方の肩部分にもう一方の肩部分が入っている状態になります。

3)形を整え、横二つ折りにします。ロングコートなどの場合は、三つ折りにするなどして大きさを調整しましょう。

シャツのたたみ方(厚紙を使う方法)

シャツも、スーツ同様ハンガーにかけて収納するのが理想です。しかしスペースの問題などから、たたんでタンスや収納ボックスなどにしまっておけばコンパクトに収まります。 では、たたみ方の手順をご紹介します。半袖にも長袖にも使える、とてもシンプルなたたみ方です。

1)第一、第二ボタンを留める
全部のボタンを留めることが理想ですが、着る時に煩わしいのが難点。そこで、必要最低限の第一、第二ボタンのみ留めましょう。ボタンを留めることで首周りのシワを防止することができます。

2)前身頃を下にして置く
前身頃(ボタンが並んでいるほう)を下にして置きます。このとき、利き手側にシャツの裾がくるようにするのがポイント。後の動作がラクになります。

3)全体を整える
利き手と反対の手で衿を軽く固定しておき、利き手で前身頃の裾中央を軽く引っ張って全体を整え、シワを伸ばします。

4)完成サイズにカットした厚紙を用意
厚紙を背中部分の上部(衿下)に置きます。ワイシャツを購入した際についていた厚紙を使うと便利ですが、自分で作る場合は収納スペースの幅に合わせたサイズで若干小さめにカットするのがコツです。

5)型紙の幅に合わせ、片方の裾をたたむ
片側を型紙の長い辺に沿って、シャツの中心と平行に内側へ折ります。一度シワを伸ばし整えたら、折った方の腕をアームホール(袖の付け根)の部分から折り返し、やはりシャツの中心と平行になるように折ります。

6)もう片方の袖もたたむ
もう片方も同じようにたたんで左右対称になるようにします。シャツの中心に折り目を合わせるときれいに仕上がります。ここでも、一度シワを伸ばして形を整えましょう。

7)3つ折りにする
当てている厚紙の大きさに沿って、裾を衿の方に折ります。それから厚紙を抜き、裾部分を衿下に折り込んで形を整えたら完成です。


シャツのたたみ方(厚紙を使わない方法)

慣れてきたら型紙を使わなくてもたためるようになりますが、型紙を使わない方法もご紹介しましょう。

1)全てのボタンを留めて、前身頃を下にして置きます。片方の袖を、肩幅の真ん中くらいで内側へ折ります。

2)折った袖の付け根部分で、シャツの中心と平行になるようにして折り返します。

3)もう一方の袖も、1)と同様に折ります。

4)ここで、両サイドのラインがシャツの中心と平行であるかどうかをチェックします。万が一平行ではない場合は、もう一度最初からやり直しましょう。

5)両方の袖を折り返したら、全体を折ります。まず裾から袖口あたりで一度折り、それから、ちょうど半分くらいのところで折るとキレイです。袖が肩からはみ出ていないかどうかをチェックしながら全体を整えて完成です。


長袖と半袖が一目で分かる、シャツのたたみ方

これまでご紹介したたたみ方は、袖口が内側に折り込んであるので一見半袖なのか長袖なのか区別することができません。こちらでは、一目で区別出来るたたみ方をご紹介します。半袖にも長袖にも使える、とても便利なたたみ方です。

1)シャツの前身頃ボタンを全て留めてしまうと着る時に煩わしいので、2〜3箇所留めます。しかし、第一ボタンと第四ボタンは留めて下さい。

2)片方の袖を、肩幅の真ん中くらいで内側へ折り、折った袖の付け根部分でシャツの中心と平行になるようにして折り返します。

3)もう一方の袖も、1)と同様に折ります。

4)こちらの袖は、シャツの幅に合わせて垂直に折り返します。袖口がシャツからはみ出る状態になります。

5)ここで、両サイドのラインがシャツの中心と平行であるかどうかをチェックします。万が一平行ではない場合は、もう一度最初からやり直しましょう。

6)次に全体を折ります。まず裾から袖口あたりで一度折り、それから、ちょうど半分くらいのところで折るとキレイです。

7)最後に、シャツの幅から出ている袖部分を前身頃のほうへ乗せるようにします。全体の形を整えて完成です。




アイロンをかけよう

「アイロンは苦手」という方もいらっしゃいますが、コツを掴めば難しいことはありません。 習慣にしてしまえば、それほど面倒な作業には感じなくなります。

アイロンのかけ方の基本

アイロンをかける際は、力を入れ過ぎないことが大切です。 アイロンの動かし方は、主に以下の3通りあります。

◆滑らせる
シャツの身頃など、広い面積の部分にアイロンをかける際は、軽く滑らせましょう。

◆押さえる
シャツの衿やカフス、スラックスの折り目など、しっかりと折り目をつけたい場合は軽く押さえるようにします。

◆ふかす
主にセーターや毛足の長いものは、ふんわりと仕上げたいですよね。その場合は、アイロンを1センチほど浮かせ、スチームをかけましょう。

上手なアイロンのかけ方

アイロンの基本は、「シワを伸ばしながら手際よく」。そして、面積の小さいところからアイロンをかけていきます。慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、頑張ってコツを取得しましょう。

1)袖口
まず、袖口からアイロンをかけます。袖のボタンを外し、袖の裏側からプレスします。シワを作ってしまいがちな部分ですが、アイロンの先端部分を使うとシワになりにくいのでお試しください。

2)袖
次に、袖のプレスです。袖の縫い目に合わせて置き、手で簡単にシワを伸ばして整えます。この時のコツは、脇から袖口へとプレスすることです。また、縫い目から袖山へ向かってアイロンを動かしましょう。一般的に、衿を上にして置くと縫い目は裾側(向かって下)にきますので、袖山は衿側(向かって上)ということになります。裏返して袖の両面にアイロンをかけましょう。

3)前身頃
ここで、前身頃のプレスにかかります。アイロン台の上にシャツを広げて、片方の前立てが手前にくるように置きます。背中部分、反対の前身頃はアイロン台の外に垂れている状態です。アームホールとの縫い目までを目安にして手でシワを伸ばします。シワを伸ばしながら、裾から衿方向へアイロンを滑らせます。肩先とアームホールとの縫い目付近は、アイロン台の角を利用しましょう。前身頃のボタンとボタンの間は、アイロンの先端部分を使って丁寧にプレスします。

4)背中
前身頃と同様、背中部分の布1枚だけアイロン台に乗った状態で、シワを伸ばしながら裾から上に向かってアイロンをかけていきます。ボックスプリーツの場合は、スチームで仕上げましょう。

5)ヨーク
ヨーク周りは立体的な作りになっているので、少しずつ丁寧に進めすことが、シワにならないコツです。

6)脇
脇部分は忘れがちですが、袖を少しずらして忘れずにプレスしましょう。

7)衿
衿は、内側からプレスします。シワにならないように、外側から内側に向かってアイロンを滑らせていきましょう。

形態安定シャツ

形態安定ワイシャツは、アイロンがけが不要なので既製品としては主流になってきています。ただ、不要といってもアイロンをかけたシャツには及びません。シワの残っている部分を中心に、軽くアイロンがけをすると良いと思います。


HOMEお役立ちコンテンツお手入れについて > スーツとシャツのたたみ方

お役立ちコンテンツ
このページのトップへ